丈夫で長生きするための雑学

人間の脳は何故たの動物と比べて突出して進化しているのでしょうか? 食物説を挙げているのはイギリスのM・クロフォード博士。水と陸の接する場所にすんだ人間は、脳の形成に必要な動物性の食物を水陸の両方から 摂取出来たから人間の脳は発達をしたというものだ。 まず、脳の重さについてみてみましょう。 脳の重さはゾウは4~5キロ、クジラは10キロを超えるものがあるそうです。一方人間は、日本人の脳の重さは成人男子で約1.4キロg、女子で約 1.25キロgだそうです。 次に、体重に対する脳の重さを見てみましょう。ゴリラは100分の1、犬は260分の1、ゾウは1300分の1に対して、人間はというと3分の1だから知能 が高くなるほど脳の比率は高いようですが、ところがどっこい、テナガザルやラットは28分の1と人間を上回っているそうです。一概に脳の比率で知能 は決まらないようです。 次に、脳の表面積のしわの数ですが、しわが多く、溝が深ければ表面積が大きくなり、脳細胞が多く詰まっていることになるのですが、知能の低い とされている動物の脳はのっぺりしていることから知能の高さの目安にはなりそうですが、これもまたイルカやゾウの脳は人間よりもしわの数が多い ことから知能との関係はこれまた決め手にはならないようです。 著名人の脳の重さを見てみると、重い人では詩人のパイロンは1.9キロ、夏目漱石は1.415キロ、桂太郎1.6キロだそうです。軽い人ではフランスの 小説家アナトール・フランスの1.017キロだそうです。脳の重さと頭の良さも必ずしも一致しないようです。 ちなみに、アインシュタインは本人の意志で脳を学術研究に提供したそうです。その検査結果重さやしわの数は一般の人と何らかわらなかったそう です。 このように重さやしわの数と知能は一概には関係するとは言えないようです。 人間の脳細胞は140億個あるといいますが、一生のうちに使うのは約10%にすぎないそうです。もっともっと人間に出来ることはありそうな気がしま す。
男女は違うところがいっぱいありますが。髭の有無や体つきなどの相違を除けば胃も心臓も肺も口も目も鼻もみんな同じです。 脳に関しては19世紀以来男女差があるという意見がありましたが、その研究結果は否定的なものが多かったようです。 ところが、脳の視床下部にある視索前野という部分に男女で違いがあるという結果がオランダの研究者のグループによって発表されたのです。 この視索前野の神経細胞の集まった核が男性は女性の2倍ほど大きく細胞の数も多いといいます。 しかし、細胞の数や核のサイズの差がどのような意味を持っているかはまだ解明されていないようです。
「嫁の屁は五臓六腑を駆け巡り」という古い川柳があります。じっとこらえたオナラは出口を見失って体中を駆け回っているという意味だそうです。 実際にこの川柳のように我慢したおならは体を駆け回ることはないにしろその大部分は腸から血液中に吸収されるそうです。間違っても口からは でません。 オナラはメタン、炭酸ガス、窒素などで出来ています。この中で炭酸ガスが血液中に吸収されていることは解明されていますが、他のガスはその後 どうなるかはまだ解明されていないそうです。 これらのガスの発生原因は。口からの食べ物や空気が胃の中で消化液と反応して出来るのが炭酸ガスです。 また、そのほかにも色々なガスが発生します。腸内の発酵作用などが原因です。これらが悪臭のもととなります。 この悪臭ですが、食べ物によって臭いや量に違いが出てきます。 肉類は臭いは強烈だが量は少ない、穀類・イモは臭みは少ないが量が多い、といった具合です。 まあ、おならを我慢すると精神的にも体にもよくないので、状況を見極めて放出した方がいいようです。
こんな経験は誰にでもあるでしょう。おしっこをした後にぶるぶるっと体が震えるという現象。 しかし、誰でも経験あるこの現象は、何故起こるのかは実に難問で、現代医学を持ってしても、まだ明確な答えがだされていないのです。 とりあえず今の時点では、体温の変化と交感神経に関係があるのではと言われています。 おしっこをする時には膀胱が収縮されるわけですが、これは副交感神経の働きによります。そして、おしっこが終了すると、今度は交感神経がなん らかの反応を示します。そこでぶるぶるっとなるというわけです。これが交感神経の反応によるという説です。 また、体温との関係から解釈してみると、おしっこは温かい。おしっこをすることによってその温かい液体を体外に放出すると体からは大量の熱が 失われ、その結果ぶるぶるっと震えがくるというわけです。 冬ともなればさらに今まで温かかった部分が外気に触れるため、そのことも関係しているのかもしれません。 いずれの説も推測でしかなく、身近な現象ながら原因は謎のままだそうです。