10円玉のギザギザが消えたのは何故?

十円玉は長い間親しまれている硬貨ですが、昔の十円玉と今の十円玉では肌触りがちがうのはご存知でしょうか? 昔の十円玉は周囲にギザギザの溝が付いているのに対し、今の十円玉は周囲が平らに成っているのです。詳しくいうと、昭和34年までの発行 の十円玉にはギザギザが付いているのです。 このギザギザは高額の貨幣につけられるものであり他の貨幣との混同を防ぐためのものでした。よって、1円玉には当初からつけられてはいません でした。 昭和30年には五十円硬貨、32年には百円硬貨がデビューしましたがこの2つにもギザギザは付いています。 そして昭和34年には、物価の上昇によって高額貨幣出なくなったため。十円玉からギザギザが無くなったのです。 ちなみに、1円玉には43年製のものがありません。これにはお粗末な理由があります。昭和30年代には1円玉に価値があり景気も上向きだった ため1円玉の不足が深刻な状況でした。そのため1円玉をたくさん製造していたら生産過剰になってしまったため43年に製造をストップしたという なんともいえない理由です。