カーディガンは戦場で生まれた

男性にも女性にもよく着られて、ちょっとひっかけるのに最適なのがカーディガンですが。案外知られていないのが、なんとこのカーディガンは戦場 で負傷兵のために考案されたという事実です。 前ボタンのついた、特製のセーターを負傷兵の服の着脱を簡単に行えるように考案したのがカーディガンというイギリス軍の騎兵旅団長であった ことから彼の名前をとってカーディガンと名付けられたそうです。 また、クリミア戦争(1853~56年)の時英仏連合軍の衣料輸送船が嵐によって沈没してしまったことがあり、兵士たちは夏服のままで冬を迎え なければならなくなったそうです。 困ったイギリス軍総統のラグランは天幕を切って外套の代わりとして兵士に与えたそうです。さらには楽に着られる袖付け方をあみだしました。 これがラグラン袖の由来であるといいます。