がまんしたオナラの行方は?

「嫁の屁は五臓六腑を駆け巡り」という古い川柳があります。じっとこらえたオナラは出口を見失って体中を駆け回っているという意味だそうです。 実際にこの川柳のように我慢したおならは体を駆け回ることはないにしろその大部分は腸から血液中に吸収されるそうです。間違っても口からは でません。 オナラはメタン、炭酸ガス、窒素などで出来ています。この中で炭酸ガスが血液中に吸収されていることは解明されていますが、他のガスはその後 どうなるかはまだ解明されていないそうです。 これらのガスの発生原因は。口からの食べ物や空気が胃の中で消化液と反応して出来るのが炭酸ガスです。 また、そのほかにも色々なガスが発生します。腸内の発酵作用などが原因です。これらが悪臭のもととなります。 この悪臭ですが、食べ物によって臭いや量に違いが出てきます。 肉類は臭いは強烈だが量は少ない、穀類・イモは臭みは少ないが量が多い、といった具合です。 まあ、おならを我慢すると精神的にも体にもよくないので、状況を見極めて放出した方がいいようです。