本物と偽物のキャビアを見分けるコツ

レストランなどで、オードブルにキャビアが出ても「やっぱりキャビアはうまいな」などと言わない方がいいかもしれません。人造物のキャビアかもしれ ないからです。 カニカマなどコピー食品ははやっていますが、本物と見分けが付きにくいのがイミテーションキャビアです。 キャビアは世界三大珍味の一つですがその美味で知られています。製造方法は、チョウザメの卵の卵巣を手でもみながら卵殻をはずして、卵粒を ばらばらに離して塩漬けにして成熟させたものです。 生産量が少なく、そのため値段がとても高価になっています。庶民にはとてもじゃないが手が出ません。よって偽物の登場というわけです。 人造キャビアの材料としては、日本ではダンゴウオ、ニシン、トビウオ、タラなどの卵が、ヨーロッパではコイやタラの卵が用いられています。本物に 比べて15~20分の一位の値段だそうです。 本物と偽物の区別の方法の一つは卵膜の硬さをみることだそうです。本物は舌触りが軟らかく、とろけるような感じで、偽物はプチプチしていて卵膜 がかたいそうです。