懸賞応募で生まれたマーガリン

バターの代用品というイメージの強いマーガリンですが、カロリーが低くダイエットにいいということでバターをしのぐ人気がありますが。 このマーガリンは実は検証募集から生まれたものだといいます。 普仏戦争開戦前の1869年バター不足だったフランスでは国民は食生活に不便をきたしていました。そこでナポレオン3世は一計を案じ、バター の代用品を懸賞付きで国民から募集したそうです。 この応募で見事懸賞を獲得したのが化学者であるメージュ・ムーリエでした。彼は牛脂から軟質部分を分離してこれに牛乳を加えて乳化して、冷却 して、バターの類似品を作ることに成功しました。 マーガリンと名付けられたのはこれが真珠のように美しかったからで、ギリシャ語のマーがライト(真珠)をもじってマルガリンと名付けられました。 その後ヨーロッパ各国に広まり、アメリカでは特に売り上げを伸ばし今ではバターを上回る生産量に成っているそうです。 日本に初めて伝わったのは明治20年頃でオーストラリアからでした。その7年後横浜では山口八十八という人が類似品を作ったそうですがあまり 売れなかったそうです。しかしその後第二次世界大戦後、パン食が普及していくにつれて生産量が増して、今では欠かせない食品の一つになって います。 マーガリンはバターと同じくらい栄養価もカロリーもバターとほとんど差がないので、ダイエット目的ではあまり効果がないそうです。 しかし、植物性なのでコレステロールの濃度を下げてくれるので、中高年の動脈硬化の予防には効果はあるようです。