武士が頭のてっぺんをそった理由

ちょんまげも滑稽ですが、月代と言われる青々とそってある部分は本当に異様です。 あんな珍妙な髪形が何故に流行ったのでしょうか? 武士は戦闘集団であり、戦が始まれば鎧兜に身を固めて出陣しなければなりません。 しかし、兜は重く、風通しが悪くて頭が群れてきます。それを防止するために頭部をそったという説と、激しい戦闘でも兜が動かないようにすわりを 良くするために月代にしたという2つの説があります。 はじめは武士だけの髪型だったのですが、格好良く見えたのでしょうか、町人もまねするようになっていったそうです。 現代でもタレントの髪型を若者が真似するのと同じです。日本人の心理はあまり変わってないようです。