赤穂浪士はなぜそば屋に集合したか?

現代でも根強い人気を持ち日本人の人情にピッタリと来る時代劇と言えば何と言っても「忠臣蔵」です。 テレビドラマや映画数多くの芝居などで、赤穂浪士達は討ち入りの当日、本所の吉良邸の帰宅のそば屋の二階に集合したことが定説になっています。 その理由としては。「討ち入りは集合から3時間後であるから、消化のよい食べ物出なければならない。その点そばは消化が早く、すぐ力になる」 体とされています。ある学者は現代の栄養学的な見地から言っても理にかなっていると感心していますが、まさか栄養学の見地からそば屋に 集合したということはかんがえられないでしょう。 もっともな理由としては、そば屋は当時の江戸で最も夜遅くまで営業していたから、吉良邸の近所のそば屋をオルグにしていたか、同志らと話し合って そば屋をアジトにしていた説が有力です。 そのほかには、同志の家に集合して夜食としてそばをたべたのではないかという説もあります。